歩き方の改善で外反母趾を予防

外反母趾の要因は、外反母趾によくなる足の骨格と、この問題を持った状態での毎日の歩き方にあります。
踵から指先まで足の骨格はつながっています。
基本である足の骨格が崩れると、関節と親指の骨がこの影響によって上手くかみ合わなくなり、この部分に歩くたびに負荷がかかります。
そのため、指先が変形したり、痛みが生じたりと、外反母趾が進んでいきます。
このような状態を改善するためには、歩き方を治す必要があります。
では、どのような方法で歩き方を治すといいのでしょうか?ここでは、アプローチの実践しやすいものについてご紹介しましょう。

外反母趾を改善する一つの方法は、履いている靴を見直すことです。
直接的な外反母趾の要因ではありませんが、パンプスやハイヒールなど、細く先がなって荷重がつま先によくかかるような靴を長い時間履いていると、外反母趾が悪くなってしまいます。
過剰に患部のつま先を締め付けなくて、しっかりとかかとの収まる箇所がしている構造のものを選択しましょう。
また、しっかりと崩れた踵周りの骨格を矯正し、本来の足の働きを引き出すようなオーダーメイドインソールを普段から使うと効果があります。

外反母趾の一般的な対処法として、矯正サポーターというような無理やり曲がっている指を元に戻すようなものを使うことなどもあります。
外反母趾で困っているような場合は、本当の外反母趾の要因と足の構造を把握している、足のプロに相談するようにしましょう。
本サイトでは、適切な歩き方が大事、予防するための注意、足のトレーニング、についてご紹介します。



◎特集
パンプスやハイヒールなどで起きる外反母趾を改善する方法について紹介しているサイトです →→ 外反母趾